Mt.Fujiイノベーションキャンプ2018開催!
2018/9/14(Fri)-16(Sun)@Kofu, Yamanashi
 
 

メッセージボード

 イノベーティブビジネスプランコンテスト観覧者募集しております。

日時:9月16日(日)10:00-17:00
場所:やまなしプラザ(甲府市丸の内1-6-1)【 アクセス情報
参加費:無料
お申込みは【 こちらのフォーム】から。
 
 

更新情報

■8月10日 メンター:浅見義治氏を追加
■8月1日 プログラム案内:「4.賞金」の情報を更新
■8月1日 協創パートナー:(株)イトーキを追加。全13社となります
■7月30日 メンター:宮島壮洋氏、戸田達昭氏を追加
■7月30日 スケジュール:行程表を最新版に更新
■7月30日 参加申込ページ:実施要項、行程表を最新版に更新
■7月30日 協創パートナー:TIS(株)、NTTコミュニケーションズ(株)を追加
■7月6日 協創パートナー:産経新聞社を追加。伊藤忠テクノソリューションズ(株)の「関心ある分野」を更新
■7月6日 スケジュール:最新情報に更新
■6月19日 協創パートナー:富士通(株)を追加

 
 

はじめに

Mt.Fujiイノベーションキャンプ2018は、新たに起業または新事業の展開を望む方のための、スタートアップの祭典です。実現したいビジネスプランを持ち寄り、各界のスペシャリストによる指導・メンタリングを受けてプランのブラッシュアップを図り、最終日の「イノベーティブビジネスプランコンテスト」で発表をしていただきます。


募集内容

 

対象者

起業、第二創業、新事業開拓をしたい方
起業・創業に関心がある方
個人参加・チーム参加(構成員3名まで)可能
 
 

参加条件

■協創部門または始動部門のいずれかに参加し、全日程参加できる。
■パソコンでの資料作成や、Eメールでの連絡・データの送受信がご自身でできる。
■キャンプまでにビジネスアイデアを組立て、最低限の資料にまとめることができる。
■宗教活動、政治活動を主たる目的とする個人・法人・その他団体、
また、暴力団もしくは暴力団員の統制下にある個人・法人・その他団体に該当しない。
(山梨県暴力団排除条例(平成22年条例第35号)第2条第2号に規定する
暴力団員(第2条第3号に規定する暴力団員等)の該当の有無について調査します。)
 
 

1人あたりの参加費(税込)

一般 32,400
学生 16,200
※学生は申込時に学生証提出必須
 
■参加費に含まれるもの:
9月14日(金)〜16日(日)のイベント参加料
イベント保険料
 
■参加費に含まれないもの:
食費、宿泊費、会場までの交通費、パーティー会費
 
 

応募受付機関

一次受付: 6月1日(金)〜7月12日(木)15時00分
二次受付: 7月13日(金)〜8月23日(木)15時00分
※受付時期が審査に影響することはございません。

プログラム案内

1.部門紹介

 

本キャンプでは2つの部門をご用意しております。ご参加の際はどちらかをお選びください。
 

(1)協創部門

本キャンプに「協創パートナー」として参加する大企業が提示するテーマに対し、具体的かつ実現可能性のある事業を提案する部門。法人(すでに起業されている方、事業を営んでいる方のみ)選択可能です。協創パートナーとディスカッションをしながら事業づくりをでき、その後のビジネスにおいても有益なネットワークを構築することが可能です。
→協創パートナー一覧を見る
 
※この部門の開催は、協創パートナーへ直接事業提案のできる機会を提供するものであり、事業連携をお約束するものではありません。コンテスト受賞の有無にかかわらず、その後の事業協創については参加者と協創パートナーの双方でご相談ください。
 
 

(2)始動部門

これから起業、新規事業を開始したい方を対象とした部門。既に起業しているかどうかは問わずご参加いただけます。始動部門はさらに2つのコースに分かれますので、現時点でのレベルに合わせてコースをお選びください。キャンプ中にコースの変更が可能です。
 
■ビジネスプランコース:
既に起業をされている方向けのコース。具体的な独自の事業計画をお持ちで、さらなるブラッシュアップをはかり実現性を高め、その後のビジネスに役立てることを目的とします。(お持ちのプラン内容が協創パートナーのニーズとマッチングすると考えられる場合、協創部門への移行をご提案する場合がございます。移行は任意です。
 
■ビジネスアイデアコース:
起業・創業に関心のある方、学生の方をはじめ起業前のビギナー向けのコースです。主に講習やメンターとの事業作り、プレゼンテーションの作成と発表を目的とします。
 


 

2.スケジュール

 
キャンプ3日間のスケジュールは下記の通りです。 (7月30日更新)
 
 
 ----------
 ----------

 

3.アフターパーティー

9月16日(日)18:00-20:00、会場周辺で、イノベーションキャンプ参加者と関係者によるアフターパーティーを企画しています。
希望者様はぜひご参加ください。キャンプ参加費とは別途に会費が必要です。
 
 

アフターパーティー会費

先行予約  4,500円(税込)/人
通常  5,000円(税込)/人
「先行予約」の価格は、8月31日までに会費をお支払いいただける方に適用されます。
※上記価格はお一人様あたりの価格です。
 

申込&支払方法

キャンプ参加費お支払い時に、参加人数分の会費を合算してお支払いください。
 


 

4.賞金

総額 100万円
提供: 株式会社山梨中央銀行
9月16日(日)イノベーティブビジネスプランコンテストにおいて下記の通り入賞した組へお送り致します。
 
協創部門 最優秀賞30万円、優秀賞10万円
始動部門ビジネスプランコース 最優秀賞30万円、優秀賞10万円
始動部門ビジネスアイデアコース 最優秀賞15万円、優秀賞5万円
 

協創パートナー


伊藤忠テクノソリューションズ(株)

■担当部署:
未来技術研究所
 
■メッセージ:
CTCは商社系ITサービスを提供するシステムインテグレーターです。現在、未来技術研究所では新規事業を当社外の方々と一緒に協創する事に挑戦しています。キャンプを通して皆さんと一緒に同じ目線で事業創出にチャレンジしたいと思います!
 
■関心ある分野:
1) エンプロイー・エンゲージメント、働き方改革
2) 地域創生、SDGs
3) デジタルマーケティング、コミュニティマーケティング
4) ライフサイエンス、ヘルスケア
5) フードテック、アグリテック


(株)イトーキ

■担当部署:
編集中
 
■メッセージ:
 
■関心ある分野:
 


(一社)医療みらい創生機構

■メッセージ:
私達は医療を、「いかにして人が良く生き良く死ぬか、その全てをプロデュースする総合生活産業である」と再定義しています。周辺産業を含め人の生活に関わること全てが「新しい医療」と考えています。当機構では、「Future Collaboration in Hospital」という病院内での企業宿泊型研修を通して、「医療×●●」の可能性を引き出し、新規事業・製品開発を支援しております。また、昨年度からは「プロジェクト部会」が発足し、会員間での具体的な実証研究、事業検討、新規製品開発などの促進も進めております。様々な業種、事業をお持ちの皆様とご一緒できるのを楽しみにしております!
 
■関心ある分野:
1) 健康生活産業
2) 医療・介護
3) 生活支援サービス
4) まちづくり
5) 医療×Everything


(株)旺文社

■担当部署:
ブック事業部 営業部 事業開発グループ
 
■メッセージ:
旺文社は、創業86年を迎える教育出版社です。出版以外にも、webメディアや須磨補アプリなど、様々な領域で「学ぶ人」を応援する事業を展開しています。
書店・学校・塾といった旺文社がこれまで強みとしてきたチャネルや、豊富に蓄積された学習コンテンツを活かして、未来の教育を共に創るビジネスパートナーとの出会いを期待しています!
 
■関心ある分野:
1) 学習データ×アダプティブラーニング
2) 英語スピーキング / ライティング学習
3) 学習のための記憶メソッド
4) 学習者向けメディア
5) 書店向けの発注 / 在庫管理システムの効率化


セコム(株)

■担当部署:
オープンイノベーション推進担当
 

■メッセージ:
セコムは、創業以来、誰もが安心して暮らせる社会をめざして、さまざまな新しいサービスを生み出してきました。社会課題の複雑化、複合化の中で、安全・安心はますます必要不可欠なものとなり、一人ひとりの安心を求めるニーズは一段と高まり、更なる多様化が見込まれます。今回ご提案いただく技術やアイデアと、セコムグループの持つ資源や技術を融合し、こうした社会の期待に応える新しい価値、新しいサービスを共創していきましょう。
 
■関心ある分野:
1) 個人の安全・安心
2) 高齢者の見守り
3) 安全・安心におけるAI/IoTの活用
4) バイタルセンジング関連技術
5) サイバーセキュリティ関連技術


産経新聞社

■担当部署:
新プロジェクト本部(終活事業担当)
 
■メッセージ:
 産経新聞社では社内ベンチャーとして、高齢・多死時代の到来を見据えて、シニア世代に安心かつ明るく「死」について考えてもらうための情報発信やサポート体制に取り組み始めました。
具体的には、2013年に日本初の終活季刊誌「ソナエ」を創刊。2016年からは、WEB上でお墓の紹介(仲介)事業を開始しました。
 今後は、WEB上で葬儀、相続、老人施設などの紹介(仲介)事業も立ち上げ、終活領域のワンストップサービスを構築すべく取り組んでいます。
 新聞社がこの領域に乗り出すにあたっては、「新聞社の信頼性」「読者年代との相性」「取材力や人脈を保持」といった強みがあります。一方で、WEB事業などは新聞社が不得意な分野でもあります。
 世間にとって役立ち、かつ事業としても成り立せるために、皆さんとアイデアを練り上げることができれば幸いです。
・参考
雑誌「終活読本ソナエ」(産経新聞出版)
WEB「ソナエ安心のお墓探し」
 
■関心ある分野:
1) 安心、信頼のある終活情報の発信と収益化
2) WEB上での終活領域(墓、葬儀、相続、高齢者施設、身元保証、見守りなど)のワンストップサービス構築


東日本電信電話(株)

■メッセージ:
「新しい世界を共創しよう!日本中にワクワクを届け、新しいあたりまえを創る。」
 かつて電話、インターネットは人と人との「距離や時間の制約」から開放する大きなイノベーションでした。日本の通信インフラを支えてきたNTT東日本として、さらに世の中のイノベーションを加速していきたい。それが私たちの使命だと考えております。0を1だけでなく、1を10に、10を100にするご支援をしたい。
 新しい社会を創るみなさん。一緒にワクワクする新しい世の中を創りましょう。
 
■関心ある分野:
1) IoT
2) AI
3) デジタルマーケティング
4) 働き方改革
5) ロボット 等


富士通(株)

■担当部署:
マーケティング戦略本部
ビジネス開発統括部
ベンチャー協業推進部
 
■メッセージ:
富士通アクセラレータプログラムでは、革新的なスタートアップの技術・製品と富士通グループの製品・ソリューション・サービスを組合せ、世の中へ新たな加地を提供することを目的としています。豊富な顧客基盤を持つ富士通事業部門とのマッチングによる新たな事業機会の創出を目指します。
富士通と一緒に世界を変えましょう!
イノベーション!!
 
■関心ある分野:
下記をご参考ください。【応募締切:2018年6月29日】
富士通アクセラレータプログラム第6期


(株)リコー

■担当部署:
リコー環境事業開発センター
 
■メッセージ:
“環境”を基軸とした新規事業創出のため、2016年4月に「リコー環境事業開発センター」(静岡県御殿場市)を開所しました。オープンイノベーションを掲げ、大学、他社、ベンチャーの方々と事業開発に取り組み始めています。当社の資源を有効活用してください。「持続可能な社会をビジネスの力で」
HPはこちら
Facebookはこちら
 
■関心ある分野:
1) 再生可能エネルギー / 創エネルギー分野
2) 省エネルギー分野
3) 森林活用、農業技術分野


(株)NTTデータ

■担当部署:
デジタル戦略推進部
オープンイノベーション・チーム
 
■メッセージ:
NTTデータ×ベンチャー企業×お客様(大企業)によるWIN-WIN-WINを実現し、世界の喜びを増し、痛みを解消できるような、新しい社会インフラになり得るビジネスの創発をめざします。さあ、ともに世界を変えていきませんか?
http://oi.nttdata.com/contest/
 
■関心ある分野:
1) ヘルスケア・ライフサイエンス
2) 金融・保険・決済
3) オートモティブ・IoT
4) RPA・バックオフィス
5) 店頭・デジタルマーケティング


JXTGエネルギー(株)

■担当部署:
機能材カンパニー 機能材研究開発部
機能材研究企画Gr
 
■メッセージ:
今年も皆さんの熱い意気込みを待っています。JXTGは、皆さんを応援しております。
 
■関心ある分野:
1) ニュートリション
2) 次世代自動車
3) 次世代住宅
4) 汚染土壌対策


NTTコミュニケーションズ(株)

■担当部署:
経営企画部 ビジネスイノベーション推進室
 
■メッセージ:
NTTコミュニケーションズグループは、グローバルな通信インフラを基軸として、ネットワーク、データセンター、クラウド、Webアプリケーション、データサイエンス等様々な分野において事業を拡大させて来ました。
複雑化する社会の中で、人々の「つながり」は、電話、インターネット、時代の変化と共に進化し、その距離はより近づいて来ています。
 
経営企画部ビジネスイノベーション推進室では、『「つながり」の価値を探求し、世界に驚きと喜びを提供する』というミッションに基づき、新事業創出を行っています。
このミッションに共感して下さる皆様と、社会に今までにない新しい価値を創造し、世の中に変革を起こすところまでチャレンジできますと幸いです!!
 
■関心ある分野:
1)ソーシャルインフラ
2)オペレーション&マーケティング
3)サイバーセキュリティ
4)ワークスタイル
5)データ利活用


TIS(株)

■担当部署:
インキュベーションセンター
 
■メッセージ:
TIS インキュベーションセンターでは、新たな事業・サービスのポテンシャルについて、迅速に検証可能な推進力とプラットフォームを提供しております。
CVCや、アクセラレーションプログラム、コワーキングスペースの運営に留まらず、ビジネスサイド、テクノロジーサイドの支援も行っております。共創関係を構築し、一緒にイノベーションを起こしましょう!
 
■関心ある分野:
1)地方創生・活性化
2)トラベル
3)ヘルスケア(医療・医薬・介護)
4)ペット
5)スポーツ
 


メンター

アクセス

Coming soon


開催体制

▼主催▼

Mt.Fujiイノベーションキャンプ実行委員会、山梨県

▼協力▼

(株)山梨中央銀行
  

▼後援▼

ヴィジョナリーパワー(株)、大阪イノベーションハブ(大阪市)、(株)日本政策金融公庫、(株)商工組合中央金庫甲府支店、
甲府信用金庫、山梨信用金庫、山梨県民信用組合、都留信用金庫、山梨県商工会連合会、甲府商工会議所、富士吉田商工会議所、
(公財)やまなし産業支援機構

お問い合せ

 
※「@y-startup.org」からメールが受け取れるよう、事前にメールの設定をご確認ください。
※いただいたメールへの返信は通常3平日以内にお返ししておりますが、それ以上日数が経過しても返信をお受け取りになれない場合、お電話にてお問合せください。
※迷惑メールフィルタの設定により、こちらから送るメールがブロックされてしまう事がございます。返信先メールは携帯キャリアのメールアドレスではなく、極力PCメールをご記入ください。
※フォームがお使いになれない場合は、下記のメールアドレス宛にメールをお送りください。

 
 

お電話・FAX連絡先

Mt.Fujiイノベーションキャンプ実行委員会 事務局(シナプテック株式会社内)
電話 055-220-3512(平日9:30-17:30受付)
FAX 055-220-3513
※土日祝日、盆期間、年末年始はお休みをいただいております。